Ninini-Flyff-Story ~第五章・2次転職、そして~
相変わらず、効率を考えない知り合いだけでの劇
狩場はレイーナからスチームウォーカー、スチールナイト、ドリラーへと移動していく

その頃から、玉ちゃんのIN率が激減
話によると、他ゲーを始めたと言う

他ゲーに興味を持ちつつも、まだフリフが楽しかった私は
ひたすらスキルを上げ、Lvが50代になる頃にはスキル放置無しで平均14に達していた


そして

一番最初に転職したのは ストレートゼロ
その後、ヘタレ3組メンバーも続き

私も、ひで、癒樹音の協力を得て


ここに

LOVE・リングマスター ににに が誕生する


しかし

2次転職という目標を達成してしまった彼らは
新しい目標が見つからずに
ただただIN率が減っていった

Lv62 それぞれの2次装備が揃う頃
海からメッセが届く


「今、ちょっといいか」


正直、それだけで大体何の話か察しがついた

「次の目標」

クロックワークスには程遠く
スキル習得や装備では、目標として行くには乏しい

彼は、言った

「俺、引退するわ」

私は、こう返した

「あなたを必要としてる人がいる。
ひでもゆきもあんとろも、あなたが引っ張ってきたからここまで来れた」

だが彼の決心は固く、こう言い放つ
「にににがいる。にににが引っ張ればいい」


私は・・・・・・
私は誰が引っ張るんだ・・・誰に頼れば・・・



そんな思いでいっぱいだった
海がいなきゃ、何も始まらない

だが、彼はその後、みんなに引退を告げ、去っていった

私と、仲間達をこの世界に残して───



海の引退を機に
フィラさんもIN率が激減、ついには引退することになる


癒樹音と深夜まで何度も語り合った

残されたヘタレ3組のこと
新メンバー、deeno・夢猫のこと
放浪してるマキシマムザ真君のこと
新しいギルドのこと
そのギルドのギルマスのこと
Lv上げの辛さ

実際癒樹音も、私自身も、これ以上のLv上げに限界を感じていた


そして

ヘタレ3組時代は幕を閉じ
新しいギルドがここに発足する

このブログのタイトルにもある ∮ellegarden∮ 時代の幕開けである───
[PR]
by ellegarden_guild | 2007-02-19 14:09 | ににに
<< Ninini-Flyff-St... Ninini-Flyff-St... >>